良い練習を!

ギ2/11(土・祝)15:00~、ブラジリアン柔術無料体験会!参加者募集中!!キモノ

 

iPhoneImage.png

 

以前も書いたことがあるのですが、ブラジル修行でスパーリング相手の多くが握手して拳を合せる時に、

「Bom treino! (良い練習しようぜ!)」と言ってきました。

 

その当時の僕にとって「良い練習」とはお互いがテクニックの限りを尽くして、

全力を出し切るスパーリングを意味していました。

 

また、ブラジル人の練習相手は皆フィジカルレベルが高く、ガツガツ来る人ばかりだったので、

とにかくどの相手でも全力でスパーリングしました。

 

ですが、今TFGで「良い練習」というと、度々このブログで書いている「三様の稽古」、

「相手のレベル(テクニック力、体力、経験など)に応じた練習」なのではないかと思います。

 

TFGに入会される方は、体力が無い人、格闘技未経験者が多く、ただガツガツ全力でスパーリングすることは、

自分のためにも相手のためにもならない場合が多いです。

 

自分が強くなりたければ、相手にも強くなってもらわないとならないのが柔術です。

 

一番気をつけたいのは、相手にケガをさせないこと、自分がケガをしないようにすることです。

 

ケガをして練習を休んだり、柔術が嫌になったりするのは、上達の遠回りになるので避けたいです。

 

格闘技なのでケガをしてしまうことはあります。

 

ですが、実力差の大きいスパーリングでは、上級者が状況をコントロールできるのでケガは少なくなるはずです。

 

常に「良い練習」を意識して、道場の皆で強くなることを目指しましょう。

 

中山

 

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト
☆毎日更新中!フェイスブックページ
☆クラス時間割はこちら! ☆3歳~小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト