もったいなくありません

ギ9/16(土)15:00から帯授与式を行います!皆さん道着着用でご参加ください!!キモノ

 

iPhoneImage.png

 

先日白帯のナツキさんが良いガードリカバリーを見せて、自分のガードも作るのですが、パスガードをされてしまっていたので、

 

「相手の動きに対応して、自分のグリップ位置やプッシュする位置を変えていきましょう」とアドバイスしました。

 

横で聞いていた青帯のジハさんが

 

「それができないんですよねえ。折角持ったところ離すとやられそうとか、もったいないとか思っちゃうんですよねえ。」

 

と言っていて、まさにそうだと自分の色帯時代を思い出しました。

 

パスガードされてしまったスパーリングを振り返り、

 

「この段階でこのグリップをあっち側に持っていけば良かったのでは?」という状況を、次のスパーリングで試してみる、ということを繰り返してみると、

 

パスガードされた時は、自分がアタックするためにセットしたグリップを、かなり早い段階で無効化されていました。

 

グリップしていた場所を離したら、相手に自由に動かれそうで怖い、折角いいところ持てたのに勿体無い、という気持ちをグッと抑え、相手の動きに合わせてどんどん自分もグリップ位置を変えるとパスガードされないということが分かりました。

 

柔術に関しては「もったいない」は禁物です。

 

中山

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト
☆毎日更新中!フェイスブックページ
☆クラス時間割はこちら! ☆3歳~小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト