帯を結んで気持ちをリセット

皆さんに覚えておいてほしい大事なことなので、早川総代表のブログをそのまま載せます。

 

以下総代表ブログです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

14449940_1320484371330130_4819605136659740516_n

トライフォースではスパーリングの最中に解けた帯を締め直す際の暗黙のルールが決まっています。

会員のみなさん、そして各支部の代表者のみなさん、今一度ご確認下さい。

 

壁際でのブレイクや、その他のタイミングでブレイクした時は、解けた帯、または解けかけた帯を締め直す必要は特にありません(もちろん締め直しても良いです)。

 

マットの端の方へパッと放り投げます。これは昔ながらの文化ですね。

 

しかしサブミッションでタップしたあとは、帯をしっかり締め直してから再開しましょう。

 

タップを取られた方は残り時間で何とかタップを取り返したいわけですが、惰性でやるのはよくありません。

 

「勝負あった」ということを両者共に一度しっかりと認識し、気持ちをリセットさせてから仕切り直しましょう。

 

タップを取った方は「まぁ落ち着けよ」というオーラを醸し出しながらゆっくりと帯を締め直す権利が与えられます。余裕を装いつつ呼吸を整えて相手の逆襲に備えてましょう。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>