バックコントロール

先週はバックコントロールからのテクニックを練習しました。

 

相手のエスケープごとに対処法を紹介しました。

 

昨日は相手を完全に腹這いにさせてや、アゴを引かれその上から絞めるネイキッドチョーク、スリーブチョーク(エゼキエル、袖車絞め)など受け手がきついテクニックが多かったので、あまり何回も繰り返さずどんどん進みました。

 

 

バックコントロールは自分が圧倒的有利なポジションで、相手はほとんど攻められないし、試合であれば自分は攻めなくてもストーリングの反則が来ません。

 

体格差の影響も他のポジションに比べればあまり受けません。

 

落ち着いてフィニッシュを狙うためのポジションとして非常に適しているので、ぜひ得意パターンを作ってほしいです。

 

中山

 

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト
☆毎日更新中!フェイスブックページ
☆クラス時間割はこちら! ☆3歳~小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト