SHOE DOG

評価: フィル・ナイト 東洋経済新報社 ¥ 1,944 (2017-10-27)

1月27日(土)12:30-13:15 無料体験会・参加者募集中!!

 

どうも三瓶です。

 

SHOE DOGという本を読み始めました。ナイキの創業者であるフィル・ナイトの自伝です。電車の広告に「2017年最高の書!」「著名人も絶賛!」という謳い文句に惹かれ買いました。著名人のなかに、糸井重里さんがいたのがかなり大きかったのですが、他の著名人の感想にあった、「努力は夢中には勝てない。それがこの本に書かれていた」という言葉がグッと来ました(誰かは忘れてしまいましたが)。

 

外国人の名前を覚えるのが苦手で海外モノは少し避けていたのですが、ちょっと立ち読みしたところ別に読みにくい感じもありませんでした。僕は全く知らなかったんですが、ナイキの創業者フィル・ナイトはもともと日本製の靴をアメリカで売ることから始めて、その後にナイキを作ったんだそうです。1960年代に日本に行くのですが、当時は「わざわざ敵国に行くのか。俺たちを殺そうとした連中なんだぞ」とまわりからは言われたそうです。戦争というものを生々しく感じる場面でした。

 

フィル・ナイトは有名大学に行き、陸軍で1年間勤務した後、大学院でMBAを取得しています。そして「日本に行きたい」と父親に告げたとき、反対するに違いないと思った父親は意外にも「この旅でお前の教育が完成するのかもな」と言ってすぐに協力してくれます。「教育の完成」という言葉がかなり印象的だったからか、「大学卒業後に進路で迷う」という夢をみました。かなり疲れる夢でしたw

 

まだ読んだばかりですが、前回読んだ経営学の本よりもかなり勉強になることが多そうだなと感じる本です。

 

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト
☆クラス時間割はこちら! ☆3歳~小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト