絞って、磨く

 

先日前田さんに「ニーシールドハーフからのテクニックを何か教えてほしい」と言われました。

 

前田さんの体の特性を考えるとディープハーフが良いと思い勧めましたが、よくよく話すとデラヒーバガードがすぐにパスされかけてニーシールドになるという話でした。

 

こういう場合に僕がするアドバイスは「先ずデラヒーバでパスされないようにすることと、ニーシールドからアタックではなくデラヒーバへ戻す方法を研究して練習してください」です。

 

特に余り器用でない人や、練習頻度が少ない人の場合、一つのテクニックを習得するのに時間がかかるので、テクニックの数を無闇に増やさないように話しています。

 

デラヒーバガードはひとまず止めて、ニーシールドを練習するならば、もちろんそれで良いし、デラヒーバからの攻防パターンがある程度自分のものになったら、どんどん次なるガードを練習してほしいです。

 

ただ、あまり一度に取り組むテクニックを増やしすぎず、これと決めたら一定期間かけてしっかり磨いて、自分なりの納得行く攻防パターンを作り上げることをオススメします。

 

中山

 

☆見学・無料体験受付中!トライフォース五反田ウェブサイト
☆毎日更新中!フェイスブックページ
☆クラス時間割はこちら! ☆3歳~小学生のための格闘技・護身術「キッズブラジリアン柔術」ウェブサイト